緊張するのは当たり前!?電話面接の注意点


電話面接はメリットもある!

応募した会社との第一段階のやりとりとして、電話面接を指定されることがあります。電話面接を通過したら対面での面接になる場合がほとんどです。対面での面接も緊張するけれど、顔の見えない電話面接はもっと緊張するものです。近年ではメッセージアプリの普及から、電話をする機会が減り、電話に苦手意識を持つ人が増えています。しかし、逆に言えば電話面接でしっかりと受け答えができれば他の応募者と差をつけることも可能なのです。手元にメモを置いて、メモを見ながら話すことができるのは対面の面接にはないメリットですよ。

電話面接ならではの注意点は?

まず、ハキハキとしゃべることです。男性なら少し声のトーンを上げて、女性なら少し声のトーンを下げるよう意識して話してみると良いでしょう。一般的に男性の低い声は聞き取りにくいことが多く、無愛想な印象を持たれてしまうことがあります。また、女性の高い声が苦手という人や、落ち着きがない印象を持たれてしまうこともいるため、女性の少し低めの声は穏やかな印象を与えることができます。

電話口でまごつかないようにするには?

まず、しっかりと自己分析しておきましょう。志望動機やこれまでの職歴にくわえ、特技や長所、短所は必ずといっていいほど聞かれます。緊張して頭が真っ白になった時に備えて、必ずメモを取っておくことをおすすめします。その他自己PRなど、伝えたいこともメモに書いておくことをおすすめします。また、様々な質問を想定したQ&Aをいくつか用意しておくと、突然予想外の質問が来たときもうろたえずに答えることができます。臨機応変な対応ができるかどうかという点を見られることも多いので、面接官の視点になって考えてみると良いでしょう。

一言で仕事探しと言っても、探している人の立場によって方法は違います。まずは、自分が優先する条件をしっかり考えることから始めましょう。