女性の従業員が多い、食品系の工場の仕事を詳しく解説!


女性が活躍できる食品工場の仕事について

食品工場は、比較的女性が多い職場です。雇用形態は正社員や派遣社員、アルバイトやパートなど、様々な働き方で女性が活躍しています。食品工場とは、スーパーやコンビニ、飲食店などで提供する食品の加工や製造に携わる仕事です。お弁当や総菜を主に製造するところや、冷凍食品やレトルト食品、調味料を造る現場など、工場によって製造する内容は違います。食品工場に女性が多いのにはワケがあります。食品を製造する際には、細かな手作業を繰り返し丁寧におこなう必要があり、こういった作業が女性に向いているからです。たとえばお弁当の盛り付けの仕事では、普段日常で料理したり、お弁当づくりをしている人にとっては取り組みやすい仕事となるでしょう。

食品工場で働きたい!知っておきたいこととは?

食料品を取り扱う工場では、衛生環境を重視した中で作業をしなければいけないため、服装や身なりの厳しいルールがある場合が多いです。作業中、食品に体毛や異物などが混入しないように、作業着は長袖や長ズボン、帽子やマスク、手袋等を着用して作業をおこないます。食品工場では、まつ毛エクステやネイル、アクセサリーの着用等を禁止するルールがあるところは多いです。工場によっては長爪は注意されることも多いため、出勤する前に爪が短いかチェックし、作業に支障がないようにしましょう。その他にも化粧をしてはいけないなどのルールがある職場もあります。工場の仕事は他のオフィスワークや販売職等よりも、身なりに十分に気を付けないといけません。

茨城の工場の求人は寮制度が充実しています。家具家電付きや食事サービスなど手厚い内容となっている企業もあります。